BLOG

HOUSE VISION 2

こんにちは、マエガミです。

今年8月に開催されていた「HOUSE VISON」に行って来ました。
「HOUSE VISION」とは、企業と建築家・クリエーターとの協働によって
家のあり方を考えながら未来を具現化してみる試みです。

建築確認を経て建てられ、現実的に生活可能な展示ハウスを ご紹介します。

コミュニティ主導型のホスピタリティー企業 airbnb × 建築家 長谷川豪 の作品「吉野杉の家」

奈良県吉野町で作られたこの家は分解して5台のトラックに分載されて運ばれ移築されました。
1階は町の人々に解放されたコミュニティスペース

2階は外からやってくるゲストたちが宿泊する空間

会期終了後は再び吉野町に移築され、airbnb登録の宿泊施設として利用されます。

this is japan.という理念を掲げる百貨店 三越伊勢丹 × 建築家 谷尻誠・吉田愛 の作品「遊動の家」

この家はパソコンがあればどこでもオフィスという状況で働くニュー・ノマドを対象にした住まい。

どっぷりと暮らしにはまり込むよりもわずかな時間を過ごす快適な拠点として、
また知人たちを気軽に招いておもてなしができる、そんな空間を想定しています。

そして三越伊勢丹ならではのネットワークでモノを選定・調達。
施主個人のライフスタイルをあらわすモノたちによって空間が作られています。

賃貸住宅のさらなる可能性を探求している企業 大東建託 × 建築家 藤本壮介 の作品「賃貸空間タワー」

現在の賃貸住宅の定義を見直して、プライベート空間を最小化し、
キッチンや浴場、シアタールームや庭などの共有空間を広々とつくってます。

新しい暮らしの提案に触れ、刺激的な一日でした。

 

 

category : スタッフブログ | posted at 2016.11.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索