BLOG

7月7日に思うこと

吉田です

以前から言ってきたことなので、耳タコの話です、往年の読者の方には

7月7日、といえば

そう「七夕」です

この七夕を7月7日に設定するのはもうやめにしませんか?

ということを申し上げたいのです

誰に言えばいいんですかね?

そもそも七夕は旧暦の文月七日のこと

明治政府の思惑か、欧米の圧力かは知りませんが、日本はそれまでの暦から太陽暦へとスイッチします

その時に、7月7日、という数字だけを移植してしまったのが、そもそもの誤り

ご存知のように現代のカレンダーと旧暦は概ね1ヶ月程ズレています

特に閏月がある今年は2ヶ月ほどもズレがあるのです

日本では、7月7日は概ね梅雨の時期

空を見上げても、ほぼほぼ彦星も織姫も見える確率は低いです

それをきちんと理解して、七夕祭りを8月にしている地域も多いようです

7月7日は七夕さまだけど、本当は1ヶ月くらいあとだからねー、みたいな無用な変換をやめにしたらどうかと思うのです

日本には古来から人々が慣れ親しんできた旧暦があります

太陽暦が悪いわけではありません

どうせ祝い事をするのなら、本来の意味を取り戻し、最初からその日をカレンダーに書くべき

今年の七夕さま、文月七日は

8月28日、です

毎年違ってもいいじゃないですか

それが本来なのだから

8月28日の夜に、彦星、織姫が無事に出会えることをお祈りしております

category : スタッフブログ | posted at 2017.7.7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索